吉野家のポケ盛を食べに行きました。~高森家のおでかけブログ第12回~

皆さん、こんにちは。

現在、滋賀県長浜市に住む高森(現在妊娠5カ月)です。

このブログでは、なんでもありの高森家のおでかけブログをお伝えしていきます。

住宅ローン開始と共に、旦那さんと贅沢をしないおでかけを楽しみます。

おでかけブログは12回目となりました。

本日は、吉野家の牛丼を食べてきました。お目当ては、2019年12月19日より販売をスタートした【ポケ盛】です。

▲ 当たり枠は、リザードンかグラードンかというところでしょうか。

【彦根市にある吉野家】

〒522-0027 滋賀県彦根市東沼波町138−1

彦根店は、お店が広くて席が多いのがポイントです。

【吉野家HP】

https://www.yoshinoya.com/

【おでかけ日・時間】

2019年12月19日(木)PM16:00頃

平日ということもあり、お客様は私達夫婦と、ご年配の夫婦がおりました。計2組だけでした。

【ポケ盛情報】

フィギュアを貰うためには、セットを頼む必要があります。(全部で3種類)

①ポケ盛 牛丼セット 498円 プラス税

②ポケ盛 キッズ 牛丼セット 448円 プラス税

③ポケ盛 キッズ カレーセット 448円 プラス税

【フィギュア情報】

【第1弾】2019年 冬 ドンがつくポケモンのフィギュア①

【第2弾】2020年 春 ドンがつくポケモンのフィギュア②

【第3弾】2020年 夏 ソード・シールドのポケモンのフィギュア

【第4弾】2020年 秋 大注目のポケモンフィギュア

長期間に行われるキャンペーンですね(*’▽’)

【頼んだメニュー:2種類】

▼①ポケ盛 牛丼セット 498円(税込547円)

▼②豚丼 並盛 338円(税込371円)

【今回出たフィギュアのご紹介】

なんと、グラードン!出ました!(勝手に当たり枠と思っていますが、人それぞれです。)

紙パックのジュースの上に置いて撮影してみましたが、Twitterで【ポケ盛】を検索してみると、この撮影をされている方が見えました(笑)

牛丼を狙う風に撮影。

余談ではありますが、私は牛丼をスプーンで食べる派ですが、みなさんはいかがでしょうか?

【高森夫婦のおでかけルール】

①同じメニューを頼んではいけない。

お互い食べたいメニューが被っても同じメニューを頼むことはしていません。せっかくの外出なので、2種類の味を共有した方が、価値があると考えているからです。

また、現在妊婦である私は、食事がまともに出来ない状態で、少量の食事を何度かに分けて食べるという生活をしています。ですので、4分の1ぐらい食べたらもう満足で、後は全部旦那さんに食べて貰います。そのため、味が変わっていた方が、私も旦那さんも好都合なのです。

②株主優待券・クーポン・割引券を無駄なく使う

半年に1回、吉野家さんから300円の券が10枚に綴られた株主優待券が送られてきます。いくつか株主優待券目的で投資をしていますが、吉野家さんは、とてもお気に入りの優待券の1社です。

③食事の混む時間帯を避ける。

店内がバタバタしていたり、待ち時間が長いのは若干のストレスです。ですので、混雑時間を避けるのが、高森夫婦です。(下記の画像を見てわかるように、来店時間は15:53です。)

【ポケ盛を注文・食べてみた感想を素直に】

①完全に勘違いをしておりました(笑)というのも、ポケ盛イコールお子様サイズ(お子様ランチ)的なものかと思いましたが、けっこうな量があるということと、お子様にはお子様用のキッズサイズが用意されていました(笑)

②紙パックのフルーツジュースに関してですが、正直苦手でした。普段から、野菜生活・バヤリースを飲みなれているせいもあるかと思いますが。。

③フィギュアの袋についてですが、袋から触ってみて分かるものかと思いましたが、取説の紙が入っているため、なかなかポケモンの形が分からない状態でした。

④レシートを見て改めて思ったことが、豚丼 並盛より、高いということです(笑)

【本日のおでかけ費用】

ポケ盛(547円)と豚丼(371円)で合計918円でしたが、株主優待券600円分を使用し、318円の支払いで済みました( *´艸`)グラードンも手に入ってお得でした。

本日もおでかけブログを最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。

高森夫婦のはずれ枠1位ですが、美味しいネタをありがとう、ウツドン(笑)

takamorisan
  • takamorisan
  • 2019年3月、多趣味な主婦がブログを始めました。どこまでできるか挑戦中。 新卒で地元の金融機関へ就職→10年で退職→ゴルフ場へ就職→2年で退職→地元工場へ就職→2年後、結婚し退職→フルパートで働きながらブログを始める。 住宅ローン35年を早く返せるように、パート以外の収入を楽しみながら生み出します。