絶対オススメ!生協飯をご紹介。#1【ひじき煮】でワンプレートランチ。

皆さん、こんにちは。

2019年12月より、生協を始めました高森です。

※正確には、生協ではなくco-op(コープ)と言うべきでしょうか?

生協のおかずが万能過ぎるので、実際に食べて良かったものをご紹介したいと思います。

まず、生協を利用しようと思った大きなきっかけは、私自身の妊娠です。

1)少しでも体に良いものをお腹の子に食べさせてあげたい。
2)妊娠初期による体のだるさから外出が出来ない時がある。
3)匂いに敏感になる。
4)重いものを極力持ちたくない。
5)おかずのマンネリ化の改善。
6)いずれ妊娠後期より車の運転が出来なくなる。
7)他人との接触を避ける。(風邪・ウイルス等)

以上7点が、生協を始めたきっかけの詳細です。

今回、第1回目にご紹介する生協飯は、【ひじき煮】でワンプレートランチです。

【完成品】

【材料】

  • ご飯(1人前)
  • 生協 ひじき煮 パウチパック(半量)
  • 生協 産直こめ育ちさくらたまご(1個)
  • 生協 オクラ(3本)
  • 油(適量)

【調理時間】

10分程度

【作り方】

▲冷めたご飯(1人分)をタッパに入れ、電子レンジで温めます。既に温かいご飯があれば、電子レンジにかける必要はありません。

▲温めたご飯にひじき煮を混ぜ、ひじきご飯を作ります。ひじき煮の分量は、パウチの半量ほど使用しましたが、ご飯の量に合わせて調節しながら混ぜます。

▲フライパンでオクラを茹でます。本来、塩茹でをした方がオクラの色合いも良いのでしょうが、塩分をなるべく控えたいため、塩は入れていません。

▲黄身が半熟状態の目玉焼きを作ります。油をひき、卵を割り、適量のお水を入れ、蓋をし、沸騰させるように焼きます。

▲目玉焼きが出来るまでに、盛り付けの用意や、洗い物を済ませます。今回、オクラは切らずそのままの盛り付けで済ませました。包丁やまな板を使わないようにするためと、自分1人分だけなので、ずぼらで済ませます。

▲きれいな半熟の目玉焼きが完成しました。そもそも卵自体、黄身がふっくらしていてとても美味しい卵なので、オススメです。

▲冷蔵庫に残っていたコーンも乗せてみました。本当は、レタスやミニトマトがあれば最高に彩りが良いプレートランチが出来ます。

▲では、頂きます。もぐもぐ…うん!美味しい!!!黄身を絡ませ、白身とご飯を一緒に食べると最高に美味しいです。

ごちそうさまでした( *´艸`)

【ざっくりと今回の出費:税別】

  • 生協 ひじき煮 パウチパック 本体95円 【半量:39円】
  • 生協 産直こめ育ちさくらたまご 10個 本体228円 【1個:23円】
  • 生協 オクラ 1袋 本体78円 【3本:26円】

なんと合計88円で出来上がりました

※ただし、既に購入済み・使いかけのご飯・コーン・調味料・お茶は計算にいれていません。

【今回のポイント】

  • 包丁・まな板一切使用しません。
  • 短時間(10分)で栄養満点のワンプレートランチが出来ます。
  • 安上がりです。

【まとめ】

【ひじき煮】はもともと少量パウチのため、お求めやすい価格となっています。今回、試しに購入してみましたが、美味しいうえに、日持ちもするのでまたリピートしたいと思います。

【卵】は、生協の自動お届けシステムで毎週購入する商品の一つです。卵のサイズはバラバラですが、黄身がプリッとしていて、新鮮さが見て分かります。

【オクラ】は、彩役の野菜として万能ですので、安い時に購入しています。お豆腐の飾り付けとしてよく利用していますが、野菜が苦手な旦那さんが食べやすいように、細かく切って食卓に出すことが多いです。

「生協飯は、安くて、簡単で、美味しい、最強飯です。」

今後も、生協商品を試していきたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

takamorisan
  • takamorisan
  • 2019年3月、多趣味な主婦がブログを始めました。どこまでできるか挑戦中。 新卒で地元の金融機関へ就職→10年で退職→ゴルフ場へ就職→2年で退職→地元工場へ就職→2年後、結婚し退職→フルパートで働きながらブログを始める。 住宅ローン35年を早く返せるように、パート以外の収入を楽しみながら生み出します。